就活でのクールビズの対策とポイントとは?

未分類 2022.09.17

就活でのクールビズの対策とポイントとは?

近年すっかり浸透したものの、今でも意外と服装の基準やOK/NGの判断が難しい「クールビズ」。就活やこれからリクルートスーツに身を包む人は、余計に迷ってしまいます。

今回はペコリッチの運営会社「株式会社ジョイントラボ」より代表の小森則明に、就活でのクールビズにおける対策ポイントを聞きました。クールビズが現在どのくらい受け入れられているのかという実態や、服装以外でも大切な点についても、詳しく解説します。

夏季の就活をスタートさせたばかりのあなたも、この先迎えるという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

peco_banner_regist_1

クールビズってそもそも何?

1011909_m

クールビズとは?

「クールビズ(クール・ビズ)」とは、夏場の冷房エネルギーを節約する目的で、ビジネスシーンでノーネクタイ・ノージャケット、シャツも半袖を着用するなど、涼しい格好で適温で働くこと、あるいはその服装そのものを指しています。

元々、サラリーマンなどスーツを着用する業界では、真夏もジャケット着用、ネクタイをつけることが当たり前とされてきましたが、環境省が中心となって行う環境対策などがベースとなり、2005年からクールビズが開始。一般的な期間を5-9月とし、気温の高くなる季節には今やクールビズのスタイルが一般的となりました。

就活においてもクールビズは導入されており、夏季はジャケットなし等の比較的軽装で説明会や面接に来ることが推奨されています。
(参考:クールビズ/COOLBIZ|COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。/クールビズとは?求められる服装マナーや注意点について|フレマガ ~新社会人・新入社員をサポート~

24409957_m

どれくらい受け入れられている?

クールビズは、現在広く一般的に受け入れられています。夏になると、スーツをばっちり着こんでいる人の方が今は少数派かもしれません。

就活生のクールビズの実態

先の受け入れ状況からも、就活を頑張るみなさんは、就活の場面でも“指定が無ければクールビズ”と考えてOKです。あるいは、表立って「5月1日からはクールビズを推奨しています」と、クールビズを推奨している会社であれば、その方針に沿って就活に臨むのが正解です。
ペコリッチの小森社長は、「SDGsが叫ばれているのに、暑い中でスーツが必須とは矛盾を感じます。求職者の皆さんにも気の毒です」と語りました!

就活でのクールビズで失敗しないためには

24459741_m

基本は「汗対策・清潔感」

まず、就活でのクールビズにおいてスーツの着こなし以上に考えて欲しいのが「汗対策」と「清潔感」です。
面接では、良い印象を残すことが大切。ですからそんな場面で、暑い季節とはいえ汗をだらだらかいたまま面接にのぞむ、あるいは暑くて話に集中できないといった事態は避ける工夫が必要です。クールビズは、こうした工夫と並行して考えられるべきなのです。

マナーも同時に考慮しよう

たとえば、クールビズでジャケットを着ていなかったとしても、袖を捲っている(腕まくりをしている)というのでは面接時の印象は良くありません。また、ボタンは第一ボタンまで開襟しても大丈夫とされていますが、面接時であれば上まで留める方が良いでしょう。
要するに、採用面接に出席するにあたって同席する相手(面接官、社員)に好印象を抱いてもらう、場をわきまえた範囲でのクールビズが、就活では重要です。

男女別のポイント

男性の場合、ジャケットはなし、ポロシャツや襟付きのシャツまでであればカジュアルダウンもOK。(基本的には、クールビズ=ビジネスカジュアルとして考えて大丈夫です。)ボトムスに短パン、靴にサンダルはNGで、最低限革靴を履いていくようにしましょう。下着は意外と目立つため、無地のTシャツか夏用の冷感下着などを着用するのがおすすめです。
女性の場合、ジャケットなし等、基本的に男性同様ですが、ボトムスがスカートの場合にはストッキングを忘れず履くようにしましょう。女性のビジネスカジュアルでも、やはり下着はシャツに透けやすいため、白かベージュの薄手のキャミソールを下に着用しておくことをおすすめします。

24279661_m

バッグ・携行品の注意

ごくたまに、クールビズの一環として軽装にこだわりすぎるゆえか、面接に鞄を持たず履歴書だけを封筒に入れたまま持ってくるタイプの猛者が登場するようですが、これもNGです。

リクルートの場面では、貴重品や筆記用具、履歴書など必要な携行品はある程度決まっています。また、説明会や面接では企業からの資料、書類などを手渡されることもあるため、これらを入れておけるサイズの鞄は必要だと考えてください。サイズの大きすぎるもの、あるいはリュックなどのカジュアルな鞄は避け、シンプルで最低限A4サイズの書類の入るものを選ぶと良いでしょう。また、必須ではありませんが、説明会などでは鞄を床に置くことが避けられない場面もあるため、底に鋲のある自立するタイプの鞄なら、扱いやすくておすすめです。

また、履歴書は面接に伺う自分自身の顔のようなもの。最低限全ての項目を丁寧に埋め、紙を不要に折らない、ヨレさせたり破れさせたりしないよう、付属の封筒やファイルに入れた状態で、鞄に入れて持参するようにしましょう。

クールビズならではの注意点

クールビズであれば、先述のようにトップスは半袖でもOKになります。ただし、普段より短い袖丈や薄めの生地のときは、それに合わせた全体のバランスが重要です。
たとえば、襟を開けている状態でシャツの中から下着がのぞいてしまう、フルネックが首元から出ているといった事態は避けたいところ。短い袖の端から下着が出てしまうこともあるため、服装については、全て着用したうえで、全体のバランスを鏡で見て整えながら、ミスマッチやだらしなく見える点がないかどうかに気を配るようにしましょう。

まとめ

24278465_m

ビジネスシーンでノーネクタイ・ノージャケット、シャツも半袖を着用するなど、涼しい格好で働くことを推奨されるクールビズ。今では幅広く様々な企業で受け入れられているものの、薄着であるからこそ、汗対策や清潔感を保つのに工夫が必要であること、バッグなどの携行品は必要最低限の機能を満たすものであること等、留意するポイントがありました。快適にベストコンディションで説明会・面接に出向くためにも、ご紹介した対策やポイントをしっかり実践してみてくださいね。その先で新社会人として輝く皆さんの未来を、心より願っております!

peco_banner_regist_1

お知らせ一覧へ戻る
ページトップへ

利用者様の個人情報を保護するためSSL(Secure Sockets Layer)暗号化技術を用いております

Copyright © 2015 ペコリッチ All Rights Reserved.

表示モード: スマートフォン | パソコン・タブレット