カフェのバイトはきつい?楽しい?向いているか確かめてから働こう!

未分類 2022.09.17

カフェのバイトはきつい?楽しい?向いているか確かめてから働こう!

飲食店のバイトは身近なため、多くの人が一度はやってみたいと思ったことがあるでしょう。特にオシャレなイメージがあるカフェは、その中でも人気です。しかしそんなカフェも、実際に働くとなるとイメージとは異なるものです。

今回は、カフェではどんな仕事をするのか、カフェの仕事のきついところ・楽しいところ、カフェの仕事に向いている人・いない人などを解説します。

peco_banner_regist_1

カフェのバイトの仕事内容

24066005_m

カフェのバイトの業務は大きく2つに分かれます。また、お店のタイプによってサービスの範囲が異なります。それぞれを見ていきましょう。

担当はホールとキッチンに分かれる

多くの飲食店同様、カフェの業務もホールとキッチンに分かれています。ただし、お店の規模や営業方針によっては、どちらも担当することがありますし、ホール内・キッチン内でさらに細分化されていることもあります。各担当の主な作業内容をまとめます。

ホール
・注文を受ける
・ドリンクを作る
・料理やドリンクをお客様に提供する
・会計をする
・お客様が帰られた後の片付けをする
・店内清掃をする

キッチン
・仕込みをする
・ドリンクを作る
・調理をする
・洗い物をする
・食材の発注をする

業務範囲はフルサービスとセルフサービスで異なる

どこまでお客様にサービスするかによって、カフェはフルサービスとセルフサービスに分かれます。各お店の一般的な業務範囲をまとめます。

フルサービス
・お客様の席への案内
・注文の受付
・ドリンクや料理の用意
・ドリンクや料理の席への配膳
・在席中のサービス
・お会計
・お帰り後の片付け

セルフサービス
・注文の受付
・ドリンクや料理の用意
・ドリンクや料理の受け渡し
・お会計

カフェのバイトのきついところ

2060008_m

カフェの店員さんはいつも笑顔で楽しそうに仕事をしていますが、実はつらいことも結構あります。どんな大変なことがあるのでしょうか。代表的なものを見ていきましょう。

メニューや仕事を覚えるのが大変

一部の飲食店と比べると商品点数が多くて、メニューを覚えるのが大変です。お客様の好みで注文をカスタマイズできるお店だと覚えることはさらに増え、作業手順なども含めると覚えることがたくさんあります。

ノートを利用するなどして地道に覚えるしかなく、業務外に復習するなどの努力も必要でしょう。

単純作業になりがち

作業自体は単純になりがちで、慣れてしまうとあまり面白さを感じなくなるかもしれません。同じ作業であっても、常に改善できるように作業すると楽しく仕事ができるでしょう。

忙しいお店だと動きっぱなし

お店の立地などによっては、ピーク時はとても忙しくなります。ドリンクなどの提供が遅くなるとクレームになりやすいので、緊張した状態で働くこともしばしば。

慣れるまでは、暇な時間にイメージトレーニングをするなどの習慣をつけるとよいでしょう。

店によってはタバコの臭いがきつい

チェーン系のカフェではあまりないことですが、一部のカフェでは喫煙可能なところがあります。このようなお店ではタバコの臭いがきついことが考えられるでしょう。

喫煙可能なお店かどうか、面接時に確認しておいてください。

飲食店共通のつらさがある

カフェに限らず、飲食店でバイトする際の共通するつらさがあります。詳しくは下記を参照してください。

>飲食店 バイト きつい の記事へ

カフェのバイトの楽しいところ

23954268_m

カフェのバイトのきついところをお伝えしましたが、もちろん楽しいこともたくさんあります。カフェのバイトを続けている人にとっては、むしろ楽しいことのほうが多いはずです。多くの人が感じる、カフェで働く魅力をご紹介します。

コーヒーをはじめ、飲食物に詳しくなれることがある

お店によってはコーヒー豆や淹れ方にこだわったり、料理のオリジナリティを追求したりしているので、飲食物に詳しくなれるところもあります。コーヒーをはじめとするドリンク類や料理に興味がある人は、求人に応募する際にお店のこだわりをしっかり確認しましょう。

瞬間にかけるコミュニケーション

お店のスタイルにより程度の差はありますが、お客様とのコミュニケーションもカフェでやりがいを感じることの一つです。カフェではお客様と接する時間が短く、ちょっとした言葉のやり取りでお客様を引き込むなど、独特の接客術にカフェならではの楽しさがあります。

また、時間ごとによく来るお客様がいて、これら常連様との何気ない会話も多くあり、自分の居場所という実感を得ながら働けるでしょう。

もちろん、お客様から喜ばれる、褒められる、感謝されるなどのリアクションがあれば、モチベーションアップにつながります。

酔客の相手が少ない

お酒を提供する飲食店でバイトをしていれば、酔ったお客様を相手にしなければならないことがあるものですが、カフェではそのような機会は少ないでしょう。そもそも、アルコールを提供していないお店も多いです。

飲食店共通の楽しさがある

楽しさに関しても、飲食店でのバイトでは共通するものがあります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

>飲食店 バイト 楽しい の記事へ

カフェのバイトをおすすめする人・しない人

24181073_m

これまで紹介してきた、カフェのバイトのきついところと楽しいところをふまえた上で、カフェのバイトをおすすめする人としない人をお伝えします。

カフェのバイトをおすすめする人

飲食店の中でもカフェは、多くのお客様と接し、それぞれの方と話をする時間が短いので、当意即妙のコミュニケーションを得意とする人に向いています。

コーヒーをはじめとする飲料や料理に興味がある人にも向いているでしょう。

もちろん将来カフェの経営をやりたい人も、バイトから勉強を始めるのがおすすめです。

カフェのバイトをおすすめしない人

カフェの作業は同じことの繰り返しになりがちなので、常に違うことをしていたいという人は物足りなく感じてしまうかもしれません。

しかし、ここまでお伝えしてきたとおり、カフェの仕事は同じような作業に見えて、毎回違うものです。そんな奥深さに興味がおありなら、ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

24590672_m

カフェのバイトは、他の飲食店と同じく基本的に楽しいものです。飲食業が大変な仕事だと言われながらも、多くの人が楽しく働いていることからもおわかりいただけるでしょう。その中でもカフェは、短い接客などに特徴があり、独自の楽しさを持っています。

カフェのバイトにはきついところもありますが、それ以上に楽しいところもありますので、カフェでのバイトに興味があればぜひ挑戦してみてください。

peco_banner_regist_1

お知らせ一覧へ戻る
ページトップへ

利用者様の個人情報を保護するためSSL(Secure Sockets Layer)暗号化技術を用いております

Copyright © 2015 ペコリッチ All Rights Reserved.

表示モード: スマートフォン | パソコン・タブレット