冬のバイト面接の服装は?基本マナーについて

TOPICS 2020.12.21

冬のバイト面接の服装は?基本マナーについて

寒い時期になって参りました。
職場での服装も大変迷っております。

 

今回は冬のバイト面接時の服装についての記事。
職場での服装ですら迷っている方(主に私)も居るので
面接時の服装にも迷う方もいらっしゃるはず。

 

 

 

というわけで、冬の時期の面接時の服装について、
いくつかのPOINTを書いていこうと思います!

 

 

\それではレッツゴー!/

画像1

※準備はいいか?!いくぜっ!

 

1.バイト面接時の基本的な服装マナー
2.冬のバイト面接時の基本的な服装マナー
3.コートやアウターは?
4.冬の面接時に気を付けるチェックポイント
5.まとめ

 

 


 

1.バイト面接時の基本的な服装マナー

画像5

 

☑派手過ぎず、シンプルな服装を
 

大きなロゴ・イラストがプリントされたもの
よりも出来るだけシンプルな服装を
心掛けましょう。

 

色は原色よりも、淡いものや落ち着いた
カラーのものが無難
と言えます。

 


 

☑できれば襟付きのトップスを
 

バイトと言っても『仕事をする場』である
ことに変わりはありません。
できるだけフォーマルな服装で行くのがベストです。

 


 

☑清潔感のあるものを
 

服にシミがついていたり
襟や袖に汚れやほころびがついていないか
チェックしていきましょう。
靴の汚れなどは見落としがちなので
要注意ですよ!

 

また、ダメージ加工があるものは
基本的にNG

露出が多いものなどは避けましょう

 


 

☑ジーンズは避けるべき?

 

画像6

 

結論から言うとジーンズでも綺麗めな
ものであれば基本的にはOK
です。

 


ですが、それも場所によりけり。
デニム生地はカジュアル過ぎると判断されがちなので
職場となる場所の雰囲気に合わせた服装を
心掛けましょう。


 

できればスラックスやチノパンなど
きれい目なパンツがベスト。
女性であれば、スカートは
短すぎず、長すぎない
ひざ下のものがおすすめ。

 


 

☑高校生の方は制服でもOK!

 

画像2

※画像はイメージです

 

着崩さずに、きちんとした着こなしで
あれば制服でもOK

男性はベルトはシンプルなもの、
女性はスカートの丈をひざ下に。

 

もちろん、私服で行くのもOKですよ。

 


 

2.冬のバイト面接時の基本的な服装マナー

画像4

 

☑ニットはOK?NG?

 

結論からいうとニットを着ていても
基本的には問題ありません。

あまり派手すぎないものや、
カジュアルすぎないものを
選びましょう。

 

紺・白・黒・ベージュなどの
落ち着いたカラーが無難と言えます。

 

あまり毛玉が多くついているものや
生地が伸び切っているものは避けましょう。

あくまでも清潔感を大切にした服装を
面接時には心掛けて
くださいね!

 


 

☑オーバーサイズやタイトなものは控えよう

画像3

 

ニットに対しても言えることですが、
袖口で手が隠れてしまうような
オーバーサイズすぎるもの、
またはタイト過ぎるものは
あまり良い印象を与えません。

 

自分の身体に合ったサイズのものを
着用しましょう

 


 

☑マフラーや手袋などの小物は?

 

画像7

 

着用していてもOKです!
ただし、面接前には外してカバンの中に
しまってください。

 

カバンの中に納まりきらない場合は
コートと同様に手で持ちましょう。

 

 

 

ニット帽などの被り物は、
面接前に外した際、髪型が崩れたり
静電気により乱れてしまう可能性が
あるのでなるべく避けましょう。

 

どうしても被りたい場合は、
カバンの中にしまっておき、
面接後の帰り道に着用するのは
もちろん大丈夫ですよ。

 


 

3.コートやアウターは?

 

画像8

 

面接時ですから、やはりフォーマルな
服装を心掛けるようにしましょう。

 

おすすめのものは…

 

◎トレンチコート
◎チェスターコート
◎ステンカラーコート…等々

 

コットン・ウール素材のものが
ベター
と言えます。
こちらも落ち着いたカラーがおすすめ。
柄モノや大きなロゴが入ったものは
避けるようにしましょう。

 

 

 

避けるべきアウターは…

 

△ダウンジャケット
△ジャンパー
△ファー付きのコート
△ダッフルコート…等々

 

コートは面接前に脱ぐので
なるべく脱ぎ着しやすく、
かさばらずに畳めるようなものが
おすすめ
です。

 


 

4.冬の面接時に気を付けるポイント

 

コートとマフラー・手袋などの小物は
面接会場の建物の中に入る前に
脱ぎましょう。

 

マフラー・手袋などの小物は
カバンの中に収納できるようで
あればしまってください。

 

 

もし出来なければ、
コートと一緒に手に持つのがベスト。

 

コートは見頃部分(服の胴部分)を
二つ折りに縦半分に折り返し、
次に上下を折り返すと
スマートに畳むことができますよ!

 



 

5.まとめ

 

画像9

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

もちろん人は見た目や
身に着けるものが全てではありません。

ですが、「ここの職場に受かりたい」
という気持ちは
マナーや身だしなみを整えることによって
伝わる部分があります。

 

寒さが厳しい冬、
どうしても億劫に感じる面接ですが、
ぜひ参考にして
共に冬も面接も乗り越えていきましょう!

 

キャプチャrrrrrr

 

お知らせ一覧へ戻る
ページトップへ

利用者様の個人情報を保護するためSSL(Secure Sockets Layer)暗号化技術を用いております

Copyright © 2015 ペコリッチ All Rights Reserved.

表示モード:スマートフォン | パソコン・タブレット