履歴書で書く志望動機のポイント

TOPICS 2020.12.23

履歴書で書く志望動機のポイント

履歴書や面接で高確率で問われる志望動機。
働きたい気持ちがあっても、
実際に言葉として表現するのは
難しいですよね。

 

今回は、飲食店バイトを希望する方向けに、
履歴書では志望動機欄にどんなことを
書けば良いのか、いくつかのポイントを
紹介します!

 

 

履歴書での志望動機のアピールPOINT

 

画像1

 

☑料理が好き

 

料理は人が作り、人が食べるもの。
『料理』は、作る側も、提供する側も、
お客さんを繋ぐ役割があります。

 

料理を作ることが好きな方、
料理を学びたいと考えている方、
飲食店が好きな方、
人の喜ぶ姿が好きな方も
自分のスキル・得意なこと・好きなことを
アピールする際に使っていきましょう。

 

☑食べることが好き

 

画像3

 

「食べることが好き」という一文を入れておく
と良いでしょう。
飲食店で働くのにあたって「食事が好きではない」
というのは、働きながらきついと感じることも
あると思います。

 

なので「食べることが好き」という点を
アピールすることはとても重要。



ですがただ漠然と
「食べることが好きだから応募しました」
という理由はあまりにも漠然としているので、
『そのお店のどんな料理にどういう風に惹かれて
どんな思いで人に提供したいと考えたか』

ということに繋げることが重要です。

 

 

☑人を喜ばせるのが好き
☑「なぜそのお店で働きたいのか」を伝える

 

画像2

 

飲食店はサービス業です。
美味しい料理を食べるため、
人と素敵な時間を共有するために
ある場所です。

 

応募先のお店の特徴を掴み、
『そのお店のどんなサービスに魅かれたか』
に繋げて書きましょう。

 

 

例えば、

「接客態度が明るく柔軟だったこと」

「落ち着いた雰囲気で人を和ませる場」

「料理の味や見た目も彩り豊かであり、
プロのテクニックを感じたこと」

「バラエティ豊かなメニューで、
どんな人でも喜べる料理があること」…等々。

そのお店でどんなところで自分が素敵だと
感じたのかを具体例を混ぜてアピール
しましょう。

 

 

☑自分の能力を活かしたい

 

画像4

 

飲食店で働いた経験がある方はもちろん、
自宅で料理をする方、
接客業の経験がある方、
人と接することが好きな方、
コミュニケーションを取ることが得意な方…等々。

 

人にはそれぞれのスキルがあると思います。



『自分のこれまでの経験を活かせること』
『これから更にどんな成長をしていきたいと
考えているか』
『そのお店のどんなところで、
どう自分のスキルを活かしたいか』

 

この3つのポイントをシンプルに
伝えるのがベストです。

 

 

☑そのお店の特徴をよくつかむ

 

画像5

くどいようですが、
お店側は
『自分のお店のどんなところに魅かれたのか』
を聞きたいのです。

一緒に働くなら、どうせなら
自分のお店が好きな人と一緒に
働きたいと思うのは当然のこと。

お店の特徴と自分の得意なことや
好きなことを繋げて書く
と、
お店にも
『あなたが働きたい理由』
が伝わりやすいですし、
『採用したい人だな』
と思ってもらいやすいですよ。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。
あなたの良さが、きちんと
お店の方に伝わるように
応援しています。

飲食店バイト・正社員募集を
お探しの際は是非ペコリッチを
ご利用ください!

キャプチャrrrrrr

 

お知らせ一覧へ戻る
ページトップへ

利用者様の個人情報を保護するためSSL(Secure Sockets Layer)暗号化技術を用いております

Copyright © 2015 ペコリッチ All Rights Reserved.

表示モード:スマートフォン | パソコン・タブレット